Actput

毎日高いモチベーションで生き、幸せになるための情報を集めるブログ.

【010】悩み・不安・ストレスへの対処方法

f:id:massiorz:20190720152352p:plain

みなさん、こんな事ありませんか?

  • 友達とピリピリした関係になってしまいそれが悩みとなる
  • 仕事で失敗してどうしようもなく気持ちが萎える
  • 明日の発表が、ただひたすらに不安
  • 「そんな事も分からないの?」と見下されイライラ
  • 行列で割り込みされてイライラ

誰もが1度は、上記のような経験があるのではないでしょうか!
これらに対して、対処をした事がありますか?

今回は、こういったストレスとどう向き合っていけばいいのかを解説します。

※以下の解説は、
年間100冊読んだ結果得た知見を元に、
それらを総合してまとめたものになります。

多くの人が、心の痛みを無視して生きている

上記のようなストレスを感じた時に、
読者のみなさんは現在どのように向き合っていますか?

  • 忘れようと努力する
  • 信頼する人に愚痴を吐いて、スッキリしようとする
  • Twitter等、多くの人が見える場所で愚痴を吐いて、スッキリしようとする
  • とりあえず寝る
  • 自分の正当性を信じて、自己解決する
  • ググって、同様の悩みを持つ人を探して安心する
  • ググって、名言等を見て心を鎮める

上記のような行動を取る、といった方が多いのではないでしょうか!
しかしながら、上記のような行動は言ってしまえば逃避と言えます。
一次的な痛みを緩和するだけで、根本の解決には全くならないのです。

同じようなストレスを感じた時点で、
自分がストレスに対して正しい対処法が出来ていない事に気が付きましょう!

心の痛みを無視せず、正しく対処をして
ストレスを感じない脳みそを作っていきませんか!

ストレスから解放されるための考え方の大前提

まず、結論から書きます。
今後の人生で、ストレスを感じない脳みそを作るための、
考え方の大前提、進むべき方向性としましては以下になります。

「他者の行動を変えようとしてはいけない」
別の言い方をしますと「他者と自分とを分けて考える」です。

上記は、アドラー心理学の「課題の分離」を含めた知識を元に、
自分なりに解釈したものになります。

実際には、学び続けるともっと奥深い対処法を知ることになるかとは思いますが、
基本的な方向性は、間違っていないと思います。
理由は次の項目以降でご説明します!

他者の行動を変える」べきという逆の世界線を想像する

「他者の行動を変えようとしてはいけない」
という事を理解するには、逆に考えると分かりやすいです。

もしも、ストレスへの正しい対処方法が、
「他者の行動を変える」ものだったと仮定します。

この場合、誰かとの間に問題が発生した時、
私たちは随時相手の行動を変える努力をしなければなりません。

当然、相手も同じことを考えますから、
相手も、私たちの行動を変えようと努力をしてきます。

例えば最初に説明をした例で、
「行列で割り込みされた」とします。

行列で割り込みされた時にどう考える?

私たちはこの場合、

[私たちの思考]
なんで割り込みするんだよ・・・
割り込みはしてはいけない事だって、  
分からせてあげなきゃ

という思考をするでしょう。

その後、相手に異論を唱えると
相手も、私たちの行動を変えようと考えます。

[相手の思考]
なんで割り込みぐらいで突っかかってくるの・・・
もっと広い心持たなくちゃダメでしょ・・・
そもそも、どこが列の最後尾か分からなかったし
しょうがないじゃん。

さあ、この二人の思考がぶつかった場合、
解決はするでしょうか?

仮に解決したとして、
価値観の異なる人間同士の生活の中で、
何度、このような事に出会うでしょうか?
その度に、私たちは戦わなければならないのでしょうか?

だから「他者の行動を変えようとしてはいけない」

「もしも話」が長くなってしまいましたが、
少しは理解を頂けましたら嬉しいです。

まとめると、
私たちが「相手の行動を変えよう」という価値観を持った時点で
それは全ての出会う人と戦わなければならない、絶望的な人生になります。

実際に戦わなかったとしても、
相手の行動にストレスを感じた時に、
「なんでそんな失礼な事をするんだ!」
「なんで分かってくれないんだ!」
等を思った時点でダメなのです。

全ての出会う人の思考を変えてやろう、
そんな非現実的な価値観を捨てない限り、
永遠にこのストレスから解放されません。

私たちは、他者へのアプローチを変えなければなりません!

もう一度書きます。
私たちは、
「他者の行動を変えようとしてはいけない」のです。

前向きな脳みそを変えていく事は楽しい

今回の記事で、

「ストレスへの一時的な対処方法」
を使用するのではなく、

「ストレスに対して正しく対処」をして
「そもそもストレスを感じない脳みそ作り」をする。  

その脳みそ作りにあたって、まず
「他者の行動を変えようとしてはいけない」
という方向に向かわなければならない事を理解する。

という事をお話してきました。
つまり、脳みそを変えていく・価値観を変えていく
事の提案をした訳です!

しかし、
「価値観の矯正」いわゆる「思考の習慣を変える」という事は
非常に難しく、努力が必要になるものだ
と思うかもしれません。

習慣は、反射的に働いてしまいますから、
根付いた考え方・思考が脳を流れるたびに、
「イカンイカン!こう考えては駄目だ!」
という事を繰り返していかなければならない訳です。

ですがこれが超楽しいんです。

なぜ楽しいの?

「習慣を変える」って聞くと、辛いようなイメージが湧くと思います。

例えば「酒やたばこ」をやめるとか、
「早起き」習慣を付けるために遅くまでゲームをする生活をやめるとかのように、
何かしらの快楽を我慢するようなイメージがあるために、
辛いだろうな、という感覚になるかと思います。

しかし、
「前向きな脳みそにするための、思考の習慣を変える努力」
はそれらとは異なるです!!!

ストレスを感じないための努力ですから、
何かを我慢したり等ではなく、マイナス要素のない努力になります!

強いて言えば、これまで行ってきた一時的な逃避をしてはいけなくなるため、
最初の段階では現実を受け入れる事を、脳が拒むかもしれません・・・!
が、そこだけ乗り越えると最高に楽しい日々が待っています!

では、実際にどういう努力をすればいい?

「他者の行動を変えようとしてはいけない」
という方向を理解しても、
実際にこれから直面する問題に対して、
具体的にどう考えていけばいいか分からないかと思います。
こちらへの解答は一択です。

ひたすら思考パターンを集めて実行する

ここで言う、思考パターンというのは、
「他者の行動を変えようとしてはいけない」
という原理に基づいたものであれば、
なんでも良いです。

下記が一例になります。

割り込みをされた時には、以下のように考えましょう!  

〇割り込みが悪であるという、思い込みを無くす
 ・そもそも単なるモラル違反にすぎない
  ・法律で裁かれるものではないと理解する
  ・モラル違反はこの社会における悪なだけ
  ・モラルも、それを嫌に思う人が多いというだけで、
   その行いが責められるほどの事ではないのだと理解する
 ・自分自身が良いと思い込んでいる行動が他人にとって悪であるような行動を、
  自分も気付かぬうちに行っている事を理解する

(上記は今、もし自分が割り込みされたらどう考えるかなと、
想像して書いたやつです・・・w あくまで例として!)

思考パターンを集めてどうするの?

集めた思考パターンは、実際に問題に出会った時に
滅茶苦茶力を発揮してくれます。

「うわっ、今めっちゃストレス・不安を感じてる...」  
→「まてよ・・・?あの考え方を持ち出せばこれは大した事ではないように思えてきたぞ!」  
→「ストレスが消えていく・・・!!!!」  

といった感じです!
胡散臭いですが、本当にこんな感じなのです。。。
すーっと消えていくんです。
今まで苦しかったあのイライラ・ストレスが消えていくんです。

しかも、自己完結できるので、他者は一切関係なし。
「今後何が降りかかってきても、負けずにやっていける!」
というとんでもない自信が、副産物として、私の場合は生まれました!

思考パターンの集め方

思考パターンは、ネットで集めても良いですし、
本を読み漁るのでも良いです。
メンタルの達人に聞くのもありでしょう!
私のブログでも今後紹介していきますので、それでも良いです。

おすすめは本を読む事です。

ネット上は、どこの誰かも分からない人によって書かれた文章
で溢れていますので、取捨選択が出来なければなかなか難しいです。
(この記事自体が何の信憑性もない事にもなりますがww)

その点、本はその道のプロによって書かれた文章ですし、
基本的には表面的な解決ではなく、本質的な解決をする内容が多く
また、売れるために、砕いた分かりやすい文章になっているので理解がし易いです。

後ほど、おすすめの本をいくつか紹介しますので、
前向きな人生にしたい方は、是非購入をおすすめします!
(アドセンスに合格していないので単なるAmazonURL直貼りですw)

では、最後にまとめです。

まとめ

①ストレスに対して正しい対処をしていけば、
 いずれストレスを感じない脳になる

②正しい対処の方向性として
 「他者の行動を変えようとしてはいけない」という事をまず理解する

③思考を変える努力は難しいように思われるが実際には超楽しい
ストレスが消えるためのポジティブな努力なため

④思考を変えるためには「思考パターンを集める」事が必要になる
 「思考パターン」を集めるのには「本」が最もおすすめ

おすすめの本の紹介

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
いわゆる名著ですね。本記事でも軽く触れた「責任の分離」の話が衝撃的です。私は、読んでから視点が180度変わりました。

職場のイライラをすっきりなくす本
「職場」と限定的に書かれていますが、その分具体的でスッと入ってきます!たしかに~~~となりました。

職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術
こちらも同じですね。読みやすかったです!

人を動かす
こちらも名著と呼ばれるものの1つです。他者との関わり方の視点が変わります。

最後に

今回このような紹介をしましたが、私自身まだまだ未熟です。
しかし、少なくとも読書等の努力によって、
全くストレスを感じない脳みそに変化しつつあることを感じています。

そして、その努力は非常に楽しいものでした!
なぜなら、学べば学ぶほどストレスが消えて、毎日が楽しくなるのですから!!!

この気持ちよさこんなにも心が解放されるものなのか、という気持ちを
「ストレスから逃れられない人生」と思い込んでいる、
かつての自分と同じ境遇の人たちに共有したい
と願ってこの記事を書きました。

10個目の記事になりますが、
このブログを始めた理由は、
この気持ちを伝えるというのが大きいのかなと思っています。

今後も、

  • 紹介しきれなかった考え方
  • 幸せになるための考え方
  • 前向きになる言葉
  • 良い人生を送るための習慣
  • 読書で学んだ知見

等を共有する場にしていけたらと思っています。
1日1記事を目標に頑張ります。

その他

同じような考え方の持ち主の方
興味を持ってくださった方
共に良い人生にしたいと考えている方

本ブログ含め、Twitter(@massi_output)でも発信していますので、
友人になっていただければなと思います!

それでは!

クレジット

  • ぱくたそ(www.pakutaso.com)
  • model by 河村友歌

Action

  • ☑ 上で紹介した本を1つ購入して読んでください