Actput

毎日高いモチベーションで生き、幸せになるための情報を集めるブログ.

【011】ストレスを感じずに集中する方法!

f:id:massiorz:20190720152149p:plain

会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン

はじめに

  • ストレスを感じる人はみな以下のような傾向が強い
    • 責任感が強い
    • とても真面目
    • 完璧主義者で何事もちゃんとやらないと気が済まない

本書では、上記のような方々が、
より良い人生を歩むために、
日々の仕事や日常で使える手法を伝える。

「日々の仕事や日常で使える手法」の紹介

ストレスは無くならないものと考える

  • 一流の人は皆、「ストレスは管理するもの」と考えている
  • また、ストレスを自分の糧にする方法を常に模索している
 [まっしコメント]
これは確かにそう思います。  
どんな人間であれ、人間である以上、ストレスは必ず感じます。  
それは避けようとしても、人間社会で生きている限り避けられませんよね。  
前回の記事でも紹介しましたが、それらへの向き合い方、  
正しい対処を知り、実行していく事を考えていきましょう。

[Action]

  • ☑ 今の自分のストレスをイメージしてください
  • ☑ それに対する前向きなイメージを、Twitter等にアウトプットしてみましょう

ストレスによってフロー状態を作り出す

  • 程よいストレスは、フロー状態(没頭)を生み出してくれる
  • 自分のストレスの許容範囲を理解する事が重要
  • ただし、過度なストレスには注意
  • 「適度なストレスが自分自身の成長に繋げてくれる」事を理解する
[まっしコメント]
締め切り効果がこれに当たりますね。

試験前や、締め切り前は、普段より集中が高まった状態で、
物事に取り組む事が出来ていると思います。
「ストレス=悪」ではなく

「適度なストレス=良い状態を生み出す」
「適度なストレス=自分を成長させてくれる」
と、前向きに考えましょう。
ただし、過度なストレスには我慢をしないようにしましょう。

[Action]

  • ☑ タイマーを活用して、適度なストレスを生む習慣を付けましょう
    • ☑ このブログを5分で読む!と決めて5分のタイマーをスタートさせてください

目の前の事だけに集中する

  • 「今、この瞬間」に集中すると、脳がクリアになっていく
  • あれこれ考えずに、目の前の事に取り組む
    • いろいろな思考が脳を巡る事で、それがストレスになっていく
    • 思考が脳を巡らないように、今この瞬間だけに集中する習慣を付ける
[まっしコメント]
これが最大の目標ではないでしょうか。

人生は「今、この瞬間」の連続ですから、
「今、この瞬間」に集中する事を
死ぬまで永遠に続ける事が出来れば、
何にも悩まされない理想の人生を歩むことが出来るかと思います。

雑念に振り回されず、
「よし、今日というこの日を、今この瞬間を、全力集中!」
と念じる習慣を、付けましょう!

過去の事など今に関係しませんし、
未来の事など今考えてもしょうがないのですから!

[Action]

  • ☑ 今日、雑念が脳を巡ったら「今この瞬間を生きる!」という言葉を思い出しましょう
    • ☑ 今、このブログを全力で読むことに集中して練習してみましょう

状況の俯瞰をする

  • 電車で誰かにぶつかって舌打ちされた時
    • 「しょうがないじゃん!ムカつくなあ」と自分視点で考えない
    • 自分と周りの状態を上から見るように、客観的に見るように心がける
      • 「ぶつけられた方は、そりゃ苛立つよね」
      • 「自分ももう少しぶつからないように工夫の余地があったな」
      • 自分を含めた全体を俯瞰して見るクセを付けるようにする
[まっしコメント]
こういう状況よくありますよね。
「なんでこんな事すんねん!」って言う気持ちになる事。

そういう気持ちになるのはしょうがないです。
そのストレスを受け入れましょう。
その上で、俯瞰しましょう。
ひとつ精神面で上の段階に行くのです。
自分すらも客観的に見るのです。

「あー、相手がそうするのも、仕方ないよなー」
「自分にも非があったかもなあ」
「自分も相手の立場だったら、同じ事をする可能性もあるなあ」
といった感じです。

心を観察していくと、怒りが消えていきますよ!

[Action]

  • ☑ 今日出会う全てのストレスに対して、俯瞰してみましょう

ストレスをありがたく思える習慣を付ける

  • ストレスは、乗り越えなければ、永遠に悩まされると理解する
    • なので、ストレスから逃げ続ける事をやめる
  • ストレスに対処出来た時、自己肯定感が凄まじく上がる
    • 成功体験は、自信に繋がり、対処能力がどんどん上がる
  • ストレスこそ、「自分の成長・伸びしろ」と考える
    • 壁を乗り越えなければ、同じ場所に停滞し続けてしまう
    • ストレスこそ、成長である
    • 一流は「ストレスに出会ったら、ラッキー」と思う
[まっしコメント]
この考え方は、良いですよね!
だって、ストレスに出会いたいとむしろ願えるような考え方ですから!!

「壁こそ、伸びしろ」これはどの分野でも適用される考え方ですよね。
勉強もそうですが、分かる問題を永遠に解いていても、永遠に成長はしません。
分からない問題に出会って、初めて、成長の機会を得るのです。

分からない問題から逃げるのではなく、
分からない問題を分かるように努力をする。

同じように、
対処方法を知らないストレスから逃げるのではなく、
対処方法を知らないストレスの、対処方法を模索する。
そして初めて、対処できるようになり、それこそ「成長」ですよね。

[Action]

  • ☑ 今日ストレスに出会ったら「よっしゃ成長の機会!」と考えてください
  • ☑ 心の底から、ストレスに対して有難いと思う習慣を付ける、と誓ってください!

ストレスに気付くために全てを書き出してみる

  • ストレスから目を背けると身体が壊れる事を理解する
    • 身体からのSOSサインを見逃さない
    • 体調が崩れた場合は、心が病気になっている事を想定する
  • 自分の気持ちを全て吐き出してみる
    • ノートに、ひたすら脳内の不安・ストレスを書いてみる
[まっしコメント]
これも、ストレス系の本を読むと必ず出会う対処法です。
それほどにも重要という事です。

試しにノートに書き出してみると、
本当にびっくりするぐらい脳がスッキリします。

現代は情報過多と言われており、
あまりの情報の多さに脳がキャパオーバーを起こしています。
それらを一旦脳の外に吐き出すのです。

PCのデータが溢れているので、外付けのHDDに移すようなイメージですね!
「モーニングページ」や「ブレインダンプ」
という手法は、これと同じ考え方から生み出された手法でしょう。

これらについても今後記事にしていきますので、お楽しみに!

[Action]

  • ☑ 今夜寝る前に、ノートでも紙でも良いので用意してください
  • ☑ 5分間、ひたすらに今考えている事を書き出してください
    • 思考が睡眠を邪魔するとも言われています
    • 寝る前にやると事で、気持ちよく睡眠出来るという副産物も得られますので是非!

昼寝を絶対に行う

  • 一流は必ず昼食後に仮眠を取る
    • 15分~30分がベスト!
    • PCの再起動のように、脳がリセットされる
[まっしコメント]
これは私も意識して行っています。

とんでもなく嫌な事があっても、
寝て起きて翌日になったら、
前日ほどストレスを感じない、
ようなご経験があるのではないでしょうか?

脳は未だに明らかにされていない事が多いとは思いますが、
少なくとも私たちの経験から言える事は、
睡眠は脳のリセット効果がある、という事です。

朝起きた時の脳のクリア感を、
昼にも、もう一度行っていきましょう!

昼寝に効果がある事に気付いた企業が、
どんどん「昼寝のススメ」をしている事から、
昼寝がいかに重要かが分かるかと思います。

※
詳しくは:パワーナップ で検索を!

[Action]

  • ☑ 今日or明日の昼食後、15分寝てください
    • 本当に脳がクリアになります!
    • これを使わないのは勿体ない・・・!

あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、を止める

  • マルチタスクが脳を疲弊させる原因
    • そもそも、マルチタスクなど実現不可能!
    • シングルタスクを、短いスパンで切り替えを行っているだけ
    • シングルタスクの切り替えは負担が大きい
  • シングルタスクを全てToDoリストに書き出す
    • その上で順番に行う事に集中する
    • 今やるべきことに全力集中する事を心がける!
[まっしコメント]
今行っている事に関係がない事を考えたり、不安に思ったり、、、
これほど無駄な事はないですよね。

しかし、分かっていても
脳にそれらの思考が巡ってしまう事がありますよね・・・

そんな時には、やはり書き出すことが一番。
この場合は「やる事」を全て書き出してしまいましょう!
つまり、ToDoリスト化ですね。

世の中にはToDoリストを批判する考え方もありますが、
それは、
「ToDoリスト化してもどれをやるか迷いが生じるから」
「迷いが生じた時点で、今この瞬間に集中できない」
といった考え方になります。

ですので、それを改善するために出来れば
「やる順番」も決めておきましょう!

その上で、その日に出来ない事はやらないと決める事も重要です。
・「今日出来る事」
・「今日やる順番」
・「順番を決めたら後はひたすら順番に行うだけ」
この技術で、目の前の事だけに集中できます!!
是非試してみてください!

[Action]

  • ☑ 今から寝るまでにやらなければならない事を書き出してください
  • ☑ やる順番を決めてください(番号を振ってください)
    • 1.ゴミ出し
    • 2.回線工事の電話をする
    • 3.ご飯を作る
    • ...のような感じです。仕事でも、勉強でもこの手法は使えます。
  • ☑ 今やる番号の事だけに全力で集中して取り組んでください
    • 今やらない事は書き出してありますので、集中出来ます!

締め切り効果を常に意識する

  • 仕事は「定時帰りをする」と誓ってください
    • 残業しないと間に合わない、は完全なる思い込みと理解してください
      • 締め切り効果を利用した8時間労働
      • ダラダラ働く10時間労働
      • 前者の方が生産性が高いという事を理解しましょう
      • 仕事に限らず、勉強も同じです。
  • 1つのToDoに対しても締め切り効果を利用しましょう
    • ToDoは細かく区切って15~25分単位にしましょう
    • 細かく区切る事で、全体のタスクの進捗も分かりやすくなります
[まっしコメント]
これは、現代に足りない考え方のような気がします。
「長時間=美徳」のような考え方が根付いてしまっています。

受験生が勉強を、「勉強時間」で捉えてしまっていたり、
働き人が仕事を、「どれぐらい残業したか」で評価されてしまったり、、、

長い時間を設ければ設けるほど、人は集中しなくなります。
まず、締め切りを設定する事がいかに重要かを理解する必要があります。

締め切りは細かければ細かいほど良いです。
30分以下の単位で、細かく締め切りを設けて、
常に全力集中状態を保てるような工夫をしましょう!

それをサポートする、有名な手法として
「ポモドーロ・テクニック」
というものがあります。

私は普段これを用いて物事をこなしているので、
これについてもいずれ説明します!

[Action]

  • ☑ 仕事をする方は「今日何時に帰宅するか」を決定してください
  • ☑ 勉強をする方は「今日何時まで勉強するか」を決定してください
    • 出来る時間は全てやる!と決意してしまう事が、
    • むしろマイナスになる事を理解してください(人間はそういう風に出来ているのです)
  • ☑ 決めた時間までにやる事を、30分以下の単位のToDoで全て洗い出してください
  • ☑ 以前の項目で紹介したように優先順位を決めて、あとは行ってください

「不公平」という気持ちを無くす

  • こんなにGIVEしてるのに・・・TAKEしてくれない・・・
  • 私の方が頑張っているのに、評価されない・・・
    • といった考え方を今すぐに止めましょう。
  • シンプルに「今自分に出来る事」をやり遂げましょう
    • 他者の心境はコントロール不能な部分です
    • コントロール不能な部分に振り回されないようにしましょう
[まっしコメント]
超重要項目ですね!

自分に出来る事を、ただひたすらにやるだけ。
他者の気持ち・考えは関係ありません。

例えば、
「Twitterのいいねをなかなか返してくれない・・・」
というのもそうです。

あなたはあなたが「いいね」と思ったものをいいねするだけです。
他者にいいね、をされたければ、
あなた自身がいいねをしたくなるような努力をするだけです。

他者は関係ありません!
全ては、あなたの問題なのです。

「相手がいいねしてくれない!」
というコントロール不能な部分に目を向けるのではなく、

「いいねしたくなるような文章を書こう!」
というコントロール可能な部分に対して
貪欲に努力する習慣を付けましょう!

[Action]

  • ☑ 今日から「他者の気持ち」に振り回される事から脱却しましょう
    • 相手の事を考えない行動をする事とは違います
    • あなたは、あなたの出来る限りの努力、をするだけなのです

最後に

いかがでしたでしょうか?
各項目にActionを付けていますので、
興味があった項目があれば是非試していただければと思います!

心は鍛えるもの という感覚が、
読者の皆様に伝わって頂ければ幸いです。

今回紹介した本は以下になります。
興味がある方は購入してみてはいかがでしょうか!

会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン