Actput

毎日高いモチベーションで生き、幸せになるための情報を集めるブログ.

【015】早起きやダイエットを習慣化させる方法!

f:id:massiorz:20190726084936p:plain

こんにちは、まっしです!
突然ですが、みなさんこういう事ありませんか?
「早起きしたいのに、出来るようにならない・・・」
「ダイエットすると決意したのに目の前の誘惑に負けてしまった」
「毎日勉強しようと決意したのに、今日もサボってしまった・・・」
「毎日ランニングすると決めたのに数日で辞めてしまった・・・」
「振り返ってみれば自分は何かが続いた試しがない・・・」
「新しい事を始めようと思っても、どうせ続かないんだろうなあ」

今回は、こういった事に悩んでいる人向けに、習慣力に関する知識を共有しようと思います。
正しい知識があれば、簡単に物事が習慣化出来ますよ!

習慣とは?

習慣とは無意識に行ってしまう事

そもそも習慣とはなんでしょう?一言で言えば習慣とは 「無意識に行ってしまう日常の行動」 「やらないと気持ち悪いと思ってしまう事」の二つを合わせたものかなと思います。

例えば、歯磨き。朝出発する前や寝る前に必ず行ってしまいますよね。これは後者の「やらないと気持ち悪いと思ってしまう」ために毎日必ず行ってしまいます。また、電車に乗ったらとりあえずポケットのスマホに手を伸ばしてしまう行動。こちらは前者の「無意識に行ってしまう日常の行動」になるかなと思います。

習慣が5割を占める

今まで様々な本を読んできましたが、殆どの本が「人間の1日の行動のうち、習慣が5割を占める」と結論付けていました。つまり、「よしやるぞ!」と意思を持って行う事が5割、「気付いたらやってしまう」事が5割、という事です。

f:id:massiorz:20190726080752p:plain

良い習慣を持った者が人生成功する

「習慣が1日の5割を占める」という前提の元、その習慣で「スマホをいじってしまう」「ネットサーフィンをしてしまう」「お菓子を食べてしまう」「夜更かしをしてしまう」人達と、気付いたら「読書してしまう」「勉強してしまう」「ランニングしてしまう」人達を比べてみてください。

どちらが良い人生を送れるでしょうか?良い人生も人によって全く異なりますから、一概には言えませんが多くの方が後者の人生になったらいいなあと心の中では思っているのではないのでしょうか。そして実際に、多くの成功者はこの「良い習慣」を持っています。
(※ちなみに後者を望んでしまうのは人間の本能のようです。例えば誰も何も教えていないのに赤ちゃんは立って歩こうとします。人間は本能的に「自分が成長する事」を望むように出来ているのだそうです。 )

今度書店へ行ってみてください。習慣に対する本のエリアに行くと、「良い習慣をもつために」といったテーマの本が大量にある事に気が付くと思います。また、早起きする方法等の本にも必ずといって良いほどこの「習慣」の話が出てきます。いかに習慣が重要なのか成功者がいかに良い習慣を持っているのか、それを痛感すると思います。

みんな気付いていない

そして、少し脱線しますが、もうひとつ重要なのが、「ほとんどの人が習慣の重要性に気が付いていない」という事です。というよりも、習慣は重要なのは知っているけど「どうせ変えられない」と半ば諦めているように見えます。勿体ないですね・・・ちゃんと学んでないからそういう風に考えてしまうのでしょう。正しい知識を得られれば誰でも習慣は変えられます。今まで多くの人が習慣を変えるために苦悩をして、そして答えを見つけてくれているんですよ!!!

習慣を変えるためには?

先ほどの項目で、

  • 習慣とは何か
  • 習慣が日々の5割を占めている事
  • その習慣を変える事が、人生の成功に繋がる

という3点をお伝えしました。では具体的に習慣を変えるための方法を見ていきましょう!

脳が抵抗する事をまず知る

まず前提として「脳は変わる事を嫌がる」という事を理解してください。みなさんも経験があるかと思います。「今日から毎日ランニングをしよう!」と決意をしても、実際に行うとなると「ランニングをやらない」という「いつも通り」になりたがります「変化」「いつも通り」の間に立つと、この「いつも通り」物凄い力で僕たちを引っ張ってきます。これを古川さんの続ける習慣やめる習慣では「習慣引力」という風に表現されています。

つまり「私たちの脳は新しい習慣を取り入れる事が困難な脳みそなのである」という事をまず理解しましょう。誰だって、新しい習慣を取り入れるのは困難なので、習慣が続かない事に対して一喜一憂する事をまずやめましょう。
どんな人間も腹痛になりますよね?今日も腹痛になってしまった・・・と後悔するのは時間の無駄ですよね、そういう事です!腹痛にならないために、ケーキや脂っこいものを食べ過ぎない、という事をみなさん意識しているかと思いますが、そういった事を習慣に対しても、していけばいいだけの話なのです。

脳にバレないように少しずつ変える

という事で、脳は変化を嫌がるという事でした。では、一生変化出来ないの?と思われるかもしれませんがそうではありません。いわゆる元に戻ろうとする引力「変化が大きければ大きいほど強くなる」という事です。要は「ほんの少しずつ変わる」これが最も重要です。

今まで8時起きだった人が「よし明日から5時起きするぞ!」とか、
今までダイエットしていなかった人が「よし明日から晩飯抜きにするぞ!」とか、
今まで毎日5時間も勉強していなかった人が「よし明日から12時間勉強するぞ!」とか、
急に筋トレに目覚めた人が「よし明日から腹筋xx回とスクワットxx回とそれからあれを・・・」とか、
そういうのは変化が大きすぎるので「ムリ」なんですよ。人間はそういう風に出来ているので、自分は意志力が無い・・・とか思わないでください!まず、少しずつ、少しずつ変わっていきましょう

どこから始めていくか

では具体的には、どのレベルの変化から始めていけばいいのでしょうか。これは全パターン網羅して書くのは無理なので、一例だけ挙げます。

  • [早起き]ならまず「まず15分早く起きる事」に慣れる
  • [ダイエット]したいなら白米を玄米に差し替えるといったレベルに慣れる
  • [勉強を毎日12時間]したいなら「15分長く勉強する事」に慣れる

といった感じです。ここは人によって、脳が嫌がるレベルが異なるためあくまでも例ですが、上記のような形で脳にバレないレベルの変化を少しずつ加えていく事が重要です。そしてそれを続け、慣れたらさらに次のステップへ進むのです。

慣れないレベルの変化を1週間続ける...慣れたらもう少し変化させてまた1週間続ける... 数か月後に、目的のレベルまで達成! といった感じですね。基本的に習慣を変えるのは時間がかかります数か月といったレベルです。脳の構造を変えるレベルの話ですから、明日から急に変わるという事は不可能である事を理解してください!

早起きすると決意をして、仮に明日気合で5時起き出来たとしても、それは意志力で起きただけです。習慣力は一切変わっていないため、続けることはまず無理です。よっぽど意志力を鍛える人生を送ってきた方は、決意をして意志力だけで起き続ける事を続ける・・・といった事はあり得る話ですが、それを目指してはいけません!

テクニックを知る

上記で書いたのはあくまでも「前提」です。まず私たちは小さい変化からやらなければ「ムリ」なのだという事を書きました。その上で、例えば早起きをするためには「朝日光を必ず浴びろ」だとか「夜はブルーライトを浴びるな」だとかそういうテクニックを知っていく必要があるのです。

  • 少しずつ変わるという前提を知って実践する
  • さらにそれぞれのテクニックを本等で知って実践する

この2方向のアプローチが必須なのです。殆どの人が、下のテクニックだけ知ってそれを全部やろうとして失敗しているのではないでしょうか。もしくは、「明日から12時間勉強するぞ!」という決意をした人は、そういった事を続けるテクニックがあるとは知らずに、上記の2点のどちらとも行わずに自分の意志力だけで習慣化させようとして、失敗しているのではないのでしょうか。

多くの人が意志力に頼っている

色々と説明してきましたが、要するに「正しい方法で習慣化させましょう!」という事です!実際のテクニックは1冊の本が書けるほどあるでしょうから、ここで全て書くことは不可能なので書きませんが、それと同じぐらい重要な事として「前提」のお話をしました。

世の中は、この前提を知らずに、殆どの方が「意志力」が全てだと思い込んでいるのですよね。「私には意志力が無いから続かないのだ・・・」「あの人は意志力があるから続くのだ・・・」と。そうではなく、意志力に依存しないアプローチで、習慣と戦っていく事が最も重要です。

完璧主義だけにはならない

最後に、これを強くお伝えしたいです。

習慣化にあたって「完璧主義」だけにはならないでください。ダイエットが途切れても、3日坊主になっても、急な予定で崩れても、飲み会でダイエットが妨害されても、割り切ってください。

3日続いたけど次の日失敗しても、また3日続ければいいのです。長い目で見てください。365日後、出来なかった日がちょいちょいあっても多分気にならないです。ただし、出来なかったその日はとてつもなく気になって、殆どの人が心を折らして全てを投げ出してやめてしまうのです。どうかそうならないでください。

習慣チェック[〇〇〇✖✖✖✖]  

「あぁもうだめだ・・・習慣化失敗だ・・・」とならないでください!
そこから明日復活すればいいだけの話なのです。

習慣チェック[〇〇〇✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖] 失敗パターン
習慣チェック[〇〇〇✖✖✖✖〇〇✖〇〇✖〇✖✖〇✖〇] 成功パターン   

上は、習慣失敗に思われますが、下は後から見てみれば習慣化成功に思って良いのです。
ハードルを下げてください。少しずつ変わってください。毎日やろうとしないでください。途中でやめないでください。過去を忘れて、今日に集中してください。例外を認めてください。

まとめ

  • 脳みそは変化を嫌がるので「新しい習慣」は続けられないのが人間
    • 続けられない事に一喜一憂するのはやめましょう
  • 変化の嫌がりを極限まで減らすために「少しずつ変わる」事が重要
  • その上でテクニック本を読んで実践しましょう
  • 完璧主義にならずに、失敗を許容する事が重要

という事でした。特に最後の「完璧主義にならない」という点は強く心に刻んで欲しいです。

「早起き」「ダイエット」の習慣化の方法載ってねーじゃん!!と、怒らないでください・・・ww 方法論は世の中に本でいくらでもあるので、今回は一番重要な、方法論ではない部分を伝える事がこの記事の目的でした。この「習慣力」に関する詳しい事を知りたい方は、「習慣力」がテーマになっている本を読むと理解が深まります。おすすめを紹介しておきます!

おすすめの「習慣」本

続ける習慣
やめる習慣
小さな習慣
人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 やめられなくなる、小さな習慣

おわりに

いかがだったでしょうか。私自身、最初に紹介したような、自分は何も続かない人間だと思い込んでいました。

しかし今は沢山の本で得た知見をもとに、滅茶苦茶色々続いています。「白米禁止」「5時起き」「毎日1冊読書」「毎日100回腹筋」「毎日日誌を付ける」「毎日起きたら光を浴びる」「このブログを続ける」...等々。

今では何かを「習慣化」させる事に自信があります。やりたい事、なんでも習慣化出来るな、という感覚でいます。この感覚をほかの方にも共有をしたくこの記事を書きました。当然、今まで読んだ本の積み重ねでここに至ったと思うので、全てを伝える事は出来ませんが、「ポイントだった知識・考え方」を絞ってお伝えさせて頂きました。

是非皆さんも、一緒に本を読んで、どんどん人生を良くしていきましょう!
またこのブログでは、今回取り上げなかった細かいテクニックも紹介していきます。
今後ともよろしくお願いしますm( _ _ )m